祝日☆特別企画【緊張をほどく】綱島教室 〜講座&ランチ会〜 を開催します。

  • 2020.10.10 Saturday
  • 20:00

JUGEMテーマ:体の使い方

 

【ボディワーク講座】× 【お粥を愉しむごはん会@桃桃茶寮】コラボ企画は昨年の5月にスタートし、回を重ねること…今回で6回目を迎えました。

____________________________________________

〜Concept 〜

清々しい心地よい和室の空間にて…

ボディワークを通じて、ご自身の身体と向き合う時間を過ごし、ここちよい身体を感じていただくこと。

そして、ここちよい身体でいただくお粥を愉しむ《快》の体験を提供すること。

____________________________________________

 

9月に開催しました中島章夫先生による動作術の講座&お粥楽しむランチ会に続き、スペシャルな企画をお届けします。

 

いつも私たち(戸塚動作術世話人)の動作術研究活動を応援していただいている武術家の方条さん…

美味しい中華はお好きですか?それではご一緒に講座をやっていただけませんか?…

とお願いしたところ快諾してくださり(!)この企画が実現することと相成りました^_^

 

 

 

〜Special Guest :方条遼雨 (武術家・武術研究家)〜

 

講師プロフィール ▶ http://hojos.blog135.fc2.com/blog-entry-21.html

 

 

講座内容◇  心や体の緊張をほどき、楽に生きるためのあれこれを学びます。

 

主催者から◇  講座は、講師としてお招きする武術家の方条遼雨さんから武術を学ぶことが目的ではありません。

 

一般の私たちにはあまり想像できない動き…方条さんにとってはふつうの「体の使い方」を魅せていただいたり、

実際に技を体験させていただくことを通じて、身体の可能性の引き出しを増やす体験をしてみてください。

 

良質な動きをインプットする作業は、頭や身体で分からなくてもなくてもちゃんと身体に蓄積されていって、

必要な量が満ちると一気に繋がったりするものです。

 

身体に限らず、あらゆることの限界を自分で決めてしまっていませんか?

もっと自由に、ほどけたら…どんな世界に出逢えるでしょうか。

 

心と身体の在り方を自由(やわらか)に解きほぐす時間にしていただけたら幸いです。

 

武術に興味があるけどなかなかハードル高いと感じていた方や、タイトルにあるように緊張しやすい、

脱力するのが苦手で首・肩こりや噛みしめ癖が抜けない方にもおすすめの講座です。

 

【日時】11月3日(火・祝)10:00〜11:40

【定員】8名まで+世話人2名参加

【会費】2,500円

【場所】綱島地区センター和室2

 

 

★お申込みページはこちら…

https://satomimaki.net/reservation

◉「11/3 「緊張をほどく」講座参加申込」を選択してください。

 

残席わずかになっておりますので、ピンときた方はお早めにお申込みください。

 

 

 

☆ランチタイム企画:『お粥を愉しむ会』 

 

 

【定員】5名まで

【会費】2,000円以内

【場所】おきらく厨房桃桃茶寮 ▶https://taotao-c.com/

 

12:00講座終了後〜おきらく厨房桃桃茶寮へ移動

〜とろとの絶品お粥、手づくり点心…ほかランチ(お支払いは各自で)

〜13:30-14時頃終会予定

 

化学調味料不使用中華料理店「おきらく厨房桃桃茶寮」紹介webページ「さんたつ」

https://san-tatsu.jp/articles/53643/

 

※講座後に予定しているランチ会@桃桃茶寮のセット予約は定員に達したため、予約受付は終了しております。

講座のみ予約受付となります。

ランチ会は新型コロナウィルス感染予防対策のため定員が限られるため、先着順で締切らせていただきました。

また次回をお楽しみにしてくださいm(_ _)m

動作術 特別講座 and… タオタオ ランチ お粥を愉しむ会を開催します

  • 2020.08.28 Friday
  • 09:00

JUGEMテーマ:体の使い方

 

動作術 特別講座 @綱島

「原初動作トレーニング 〜 発育 発達の動きを学ぶ:腹圧力・背筋力・股関節力〜」


※会場参加は定員に達したので締切ました

※オンライン参加→ご予約受付てます

 

 

 

講座内容説明:立位に至るまでの赤ちゃんの動きを基にした「原初動作トレーニング」には、

直立に耐えるだけの腹圧(腰椎)、背筋(胸椎)、股関節をの働きを整える力があります。

今の動作をブラッシュアップします。

 

☆偶数月の第3月曜日に開催している戸塚 動作術の世話人である私たちが

長い歳月をかけて企画を温め…ついに実現することになった特別講座です。

 

何が特別かというと…会場の和室が広く、キレイなのです。(えっ、それだけ⁉笑)

旅館の大広間のようなゆったりくつろげるスペースで原初動作トレーニングを学びたい!という

熱い想いから1年近い構想期間を経て、企画が実現致しました。

 

大げさですが、なぜなら毎月第3月曜日、この会場は休館日なのです。

当日は珍しい祝日のため会場利用できるトクベツな日なのです…‼

 

動作術の講座に参加したことがある方も初めての方も、お気軽にご参加いただける内容となっております。

 

私たちは皆、オギャーと産まれて、ハイハイして、座って、つかまり立ちして、歩き出すという過程を経験していますよね。

発育 発達の過程で体得する動きを追体験し、身体本来の持つ大事な動きをこの機会に学び直しましょう。

 

定員が限られること、またコロナ禍で参加したくても会場に伺えないけど

ぜひ体験してみたいという方向けにZoomオンラインによるLIVE配信を行います。

オンラインによるご参加もぜひお待ちしております。

 

【日時】9月21日(月・祝) 10:00〜11:45

オンライン参加 10:00-11:30まで

【定員】6名まで + 世話人2名参加

【会費】2,500円

オンライン参加 1,100円

【場所】綱島地区センター 和室1

 

 

ランチタイム企画:『お粥を愉しむ会』

 

12:00講座終了後 〜 おきらく厨房 桃桃茶寮へ移動

〜絶品お粥、点心…ほかランチ (お支払いは各自で)

〜13:30-14時頃 終会予定

 

☆桃桃茶寮といえば、トロトロの絶品お粥!

〜 化学調味料 不使用 中華料理店「おきらく厨房 桃桃茶寮」へ移動

 

桃桃茶寮ホームページ

https://taotao-c.com/

 

ランチ会に参加希望の方は、メッセージ欄に記入お願いします。

(定員枠が限られるため、早めに受付終了する場合がございます)

 

★お申込みページはこちら…

https://satomimaki.net/reservation

◉「9/21オンライン参加」を選択してください。

会場参加は定員に達したため締切ました。

2020-vol.2 足指と股関節を活性化する

  • 2020.08.26 Wednesday
  • 14:30

JUGEMテーマ:体の使い方

 

中島章夫先生による【戸塚  動作術の会2020】

第2回 『足指と股関節を活性化して楽に動ける身体づくり』開催レポート✨(2020/6/15)

 

2月に1年を通してテーマを決めていただきスタートしました。

テーマ一覧を見ながら中島先生が「この通りにいくかどうかは分からないけどねっ!」と話されたのを覚えていますが、

まさか世の中がこんな事態になり、生活が一変しようとは思っていませんでした。

 

4月は緊急事態宣言の影響で休講になり、6月もまだ安心出来ないのでお休みしたいという方もいらっしゃり

少人数ではありましたが再開していただくことができました。

 

今回、講座に出れない日々が続いていたので、ひとまず再開していただけて参加できた喜びをかみしめています。

 

 

動作術の講座はワークの後の「確かめ」の時間を大切にします。

 

意識が届いていなかった身体の機能へ意識と感覚が宿って、何が自分の中でおきているのかをじっと味わい、観察する。

 

 

そしてまた動いてみると、今まで思いこんで続けていた身体の使い方とは違う、

本来身体が持っていたはずの機能を取り戻し楽に動けるようになった自分を発見する。

 

 

すると色々な身体のポイントがスッキリ…

 

講座に出て、スッキリと身体が楽になる体験は本当に心地よいものです。

 

 

冒頭はこれから講座を再開するにあたり、

中島先生が考えている新型コロナウィルス対策のポイントを分かりやすく解説していただきました。

 

 

•接触感染対策として「手洗い」(アルコールによる手指消毒)

 

•飛沫感染対策として、おしゃべりする時は2M以内であればマスクに相当するものを身につけること

 

この2点をしっかり励行することで、感染の確率をかなり抑えることが出来ると考えている。

 

そして、「自分が感染しているという前提で振る舞い、人にうつさない意識を持って行動する」ということが大事だとのことでした。

 

 

 

以上の点を踏まえた上で待ちに待った講座がスタート。

 

1年を通して6回分のテーマを予め決めていましたが、すっかり間も空いてしまったため

今やりたいことをやろうということになり

「足 ✖  股割り,四股(しこ)」= 相撲トレーニング をやっていただきました。

 

まず始めに、テーマの前に足の接地の大切さを実感するところから動作術はスタートします。

唯一の地面と接地面である足指〜足全体をしっかり接地出来ていることで姿勢や重心位まで影響するからです。

 

コロナ対策として免疫力を高めるためにも、足指を接地して姿勢を整えることがまず先決!

 

足指の屈曲力を出すことにより足指の接地を高めるワーク【足指握り】

そのまま足指を握り、足でグーを作ります。

ふくらはぎの上部の左右に長拇趾屈筋、短拇趾屈筋のついている箇所があり、

足指を握ると収縮するのが分かります。

足の指先だけを握るのではなく、このポイントが収縮するまでしっかりと握ります。

 

足指の感度を高めるワーク【探り足】

足指の指先の感覚を感じます。

床のやわらかさ、かたさ、温度、高低差など、指先のセンサーは様々な情報を読み取っていることが感じられます。

 

【長い小指と太い親指】の説明。

足のアーチは長い小指と太い親指によってつくるイメージをします。

小指の先端...第五中足骨粗面(小指のグリグリ)を触り、

小指の先端〜小指のグリグリまでを小指だととらえて接地面をつくり、

親指は拇指球で踏むというよりはむしろ親指の先の接地するポイントのみを接地させ、

あまり親指に力をかけすぎないようにするのがポイントになります。

親指側に乗りこみ過ぎると外反拇趾の原因のアーチを潰すことに繋がってしまいます。

小指のグリグリのあたりに乗るイメージで立ち、脛が立つ位置を探し、

筋肉に力を入れずにふんわりと、【骨なりに立つ】感覚を味わいます。

 

 

後半は「歩き」についての解説。

 

フラット接地とはどういうことか…

 

ゆっくり走り〜身体本来の歩き方の感覚を取り戻していきます。

 

 

歩きというのは長年の習慣の中で複雑な連動性を組み合わせた運動の集合体であるため、修正がとても難しいです。

 

こればっかりは講座で何度も体験して、自分の身体に聞きながら、

動きやすい歩きの感覚を積み上げていくしか体得する近道はないように思います。

2年継続して動作術の講座に参加してきたことで、私や世話人を一緒につとめる親友も

だいぶ本来の楽な歩き方というものが身体に入ってきている感覚があります。(まだまだではありますが…)

 

 

足指がしっかり接地する感覚が出てきたところで【骨盤おこし】のワークへ

 

 

骨盤おこしは股関節の回転力を高め、股関節の奥を収縮させるワークです。

 

股関節が使えると身体の連動性が変わります。

股関節が使えないことであまり動かしたくない腰や膝へ負担をかけてしまっていることが多いからです。

支える骨や関節は安定性を高めるワークをし、動くべき骨、関節は可動性を高めるワークをすることで

楽に動ける身体へと整えていきます。

 

残り5分前になったところで、

今日のテーマ、相撲トレーニングの股割りと四股(しこ)をまだやっていませんね…(´-`).。oO

と世話人の2人が心配して申し出ると、すっかり忘れていたということが発覚。

......遠慮がすぎましたσ(^_^;)

 

中島先生のご好意で少しだけ延長してくださり、超特急で四股(しこ)と椅子を使った股割りをレクチャーしていただけました!

 

これまで2年間、動作術の講座に参加している世話人の私たちは、スルスル〜っと内容を理解して、「おお〜!これはスゴイ!!」と感激。

四股トレーニングは股関節の活性化、股割りは骨盤おこしよりさらに強度を高めて股関節を収縮させます。

 

後日『股割り後の股関節(足)の軽さがすごかったです。次の日もまだ軽かった!』との感想が送られてきました(n´―`n)

 

今回、足の接地をじっくり味わい、歩きのワークにも時間をかけていただき、動作術の基礎をじっくり味わうことが出来ました。

 

骨盤おこし〜四股〜股割りのワークの3本立ては股関節を活性化し、

奥の動きがスルスルとユルむ感覚になり、股関節の動きが本当に楽になります。

いかに普段きちんと使えていないのかも気付かされます。

 

そして、動作術はこれら全てのワークを通じて

楽に動ける身体の感覚を感じられるようになると

重心の安定した美しい姿勢も手に入ります。

素晴らしい〜(n´―`n)♪

 

******************

 

これまでの戸塚動作術  講座レポート

全アーカイブを掲載しています。

 

こちらからお読みいただけます♪

http://satomimk.jugem.jp/?cid=1

 

******************

 

戸塚動作術の会 :

偶数月の第3月曜日に戸塚 某所にて開催。

世話人も参加 & 身内 + 知人 で 定員に達するclosed な講座

 

●中島章夫先生による[動作術] 講座は

様々な日時、場所で色々なテーマで開催されています。

どの講座も身体本来の使い方を探るきっかけになる刺激がいっぱいです。

中島先生のホームページでぜひチェックしてみてください。

http://hanmidosa-waza-ari.cocolog-nifty.com/

 

2020-vol.1 楽々動ける立ち方を学ぶ

  • 2020.02.26 Wednesday
  • 19:00

JUGEMテーマ:体の使い方

 

中島章夫先生による【戸塚  動作術の会2020】

第1回 『楽々動ける立ち方を学ぶ』開催レポート✨

 

2年前の10月からスタートし1クール全8回の第1期が前回終了し、新たなタームへ突入。

1クール全6回構成…1回ごと単発の参加でも楽しめつつ、

1年通して参加することでからだの使い方の成長を実感できるプログラム

【戸塚動作術2020】を中島先生に企画していただきました。

 

 

 

今回のテーマは

「『楽々動ける立ち方を学ぶ』 足指握りトレーニング」

 

動作術の基本のキである、「足の接地」にフォーカス。

 

「探り足(さぐりあし)」で足指から伝わる情報をキャッチし、感度を高めます。

 

骨を触ることで深部感覚を入力していく「骨みがき」

…特に中足部までの「長い小指」を明確にしていくと脛(スネ)が真っ直ぐに立ち、

骨組みのしっかりした状態で筋力に頼らず楽に立つことができる、

いわゆる「骨なりに立つ」という感覚を味わいます。

 

 

足指を握りこむ体操を『ぎゅーっ』と声に出しながらすることで、

足指の屈曲方向へのやわらかさを取り戻します。

いつも足指をピンっと伸ばして使っている人は『つ、つ、攣りそう…(-。-;』となります。

 

足の甲や甲側の指の間をこするようにさすってあげると少し緊張緩んでくるとのことで、

甲の指一本一本と指の間もよく「骨みがき」しました。

もう一度、足指を握りこむと少し握りやすくなっていました。

 

 

こんなことで!?という少しのことで身体がみるみる変化していく様を味わい、

感じるトレーニングをするのが大切なのです。

 

足指の感覚がハッキリしてきたところで、

立ち上がり方のコツ 〜 しゃがみ方のコツ 〜 歩き方 までを一通り体験しました。

 

 

– 足指は ふわっとして まとまっている方が強い。しっかり支えられる –

 

手の指をピンっと伸ばして叩いてみるのと

手の指をふわっとさせて叩いてるみるのとの違いを比べて実感しました。

 

試しに、肩たたきをしてみるとわかると思います^_^

指がふわっとした状態でまとまっている方が心地よいですよね。

 

足も同じ。ふわっと床に接地させる。

ドスンドスンと踵から着地するのは間違った歩き方。

 

指をふわっと置く気持ちで、やさしく足を下ろして、

片足を接地した反力で反対の足を前に出す。

フラット接地で歩く。

片足立ち を なめらかに連続させていくイメージ。

 

そのためにも、片足立ちがグラグラと不安定では歩きづらい。

 

 

まずは接地の感覚、足指の感度を高めていくことから…!

 

 

年間を通したテーマとして

「人間本来の‘楽’な歩き方を取り戻す」という大きな目標があります。

 

昨年1年動作術に参加して感じたことは

歩きを身につけるには、ひとつづつの学びを積み上げていく必要があるということ。

 

姿勢、立ち方、動き方、呼吸などの集大成としての楽な歩き方を取り戻すことを目指します。

 

各回どんなテーマを取り上げても、

+(プラス)歩き への実践を織り交ぜながら進行していく予定です。

 

1年後の成長を楽しみに取り組んでいきます

(n´―`n)✨

 

******************

 

これまでの戸塚動作術  講座レポート 

全アーカイブを掲載しています。

 

こちらからお読みいただけます♪

http://satomimk.jugem.jp/?cid=1

 

 

******************

 

戸塚動作術の会 : 

偶数月の第3月曜日に戸塚 某所にて開催。

世話人も参加 & 身内 + 知人 で 定員に達するclosed な講座

 

 

●中島章夫先生による[動作術] 講座は

様々な日時、場所で色々なテーマで開催されています。

どの講座も身体本来の使い方を探るきっかけになる刺激がいっぱいです。

中島先生のホームページでぜひチェックしてみてください。

http://hanmidosa-waza-ari.cocolog-nifty.com/

 

 

私は戸塚以外に相模原カルチャーセンター古淵での講座に月1回、

恵比寿での動作術や技あり企画、門前仲町での動作術に時々参加させていただいています。

「健康は足首から@朝日カルチャーセンター新宿」開催レポート 2/24

  • 2020.02.24 Monday
  • 19:00

JUGEMテーマ:体の使い方

 

24日(祝)、朝日カルチャーセンター新宿教室にて

「健康は足首から〜足から元気になる足助體操(あすけ体操)〜」を開催しました。

 

 

今回急遽、私一人での開催となり、メイン講師を務めさせていただきました。

今日の日を想い描き、学び、経験を積んできたことが実りました

…一歩ずつ前進(n´—`n)

 

初めて体験される方が8割以上…とても多かったです。

 

足助體操(あすけ体操)は地味な動きが多いですが、

自分のからだと向き合い、普段あまり意識していない様々なところを動かします。

 

畳1畳分のスペースからほとんど動かないで行うので「寝床が道場になる」と言われています。

 

丹田を強くし、全身を巡らせる動きは、心地よい刺激と心地よい体感があります。

 

 

 

「からだがスッキリした!」

「こんなに色々なところが動くのはすごい体操だ!」

…などなど嬉しいご感想をいただきました。

 

 

次回の朝日カルチャーセンター新宿教室 での「健康は足首から」講座は

4月〜6月の3ヶ月間、毎月1回開催することになりました。

 

既に予約申込み受付が始まっています。

詳細は朝日カルチャーセンターのHPにてご確認ください。

 

*お得なWeb割もあります。

定員に限りがあるそうなのでお早めに…♪

https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/ccbef827-e8b9-4f72-a379-5e40c51e3a91

 

 

4/12は漢方医師 中本かよ先生が漢方養生のお話を交えながら体操の体験をしていただけます。

5/10と6/21は登録指導講師による体操の実践がメインとなります。

 

◉4/12のみのご予約も可能です

https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/7686e965-e5af-1f05-f535-5e15a4be8fce

 

 

 ***************************

 

<足助體操(あすけ体操)の特徴>

 

/欧胴圓Α心肺に負担をかけにくい。

 

赤ちゃんの成長過程を体操で体験し、立つ・歩く筋肉を維持する『生まれ直しの体操』である。

 

腸を活性化し老廃物を排泄しやすくする。

 

B領呂鮠談廚垢襪里任呂覆、丹田の力を補填する。

 

ぢ犢埓変化(年齢に関係ない老化)を整調する。

 

ゼ律神経のバランスを整える。

 

 

<足助體操について>

足助體操は治療家足助次朗が昭和16年に創案した體操です。

 

生まれながらに病弱であった次朗は、薬剤や施術のみに頼るのではなく、

自分の身体を病床の上で足先から、手首から、口から、動くところから動かし、

身体の声に耳を傾けながら身体が正しく機能する動きを練り上げました。

ほとんどの動きは寝たままで行う事ができ、心肺に負担をかけないようにしています。

 

まずは、足首を回し呼吸を整えます。

 

足首からふくらはぎ、腰、そして全身へ、身体のつながりを感じていただけることでしょう。

朝活「足助體操」報告♪ 2/6

  • 2020.02.10 Monday
  • 20:00

JUGEMテーマ:体の使い方

 

先週6日の朝、月1開催レギュラークラスの

朝活!足助體操(あすけたいそう) 横浜教室を開催しました。

 

 

足助體操(あすけたいそう)は

たった一畳スペースで

身体に意識を向けて

たった少しの動きが

エネルギーを巡らせ

内臓の働きを活性化し

丹田を強くする

 

呼吸のリズムに合わせる

ゆっくりとした動きは

自律神経を整えていく…

 

そんな体操です。

 

******************************

 

★今回は参加者の方のリピーター率が100%だったので

先月、大阪で行われた講習会で体験した

 

「足助體操(あすけ体操)

1分間チャレンジ❗」

 

をご紹介しました。

 

いつもの体操をじっくりゆっくり取り組む姿勢は変えず、

1分間経過したら次の体操に移っていく…

 

全部で20種類くらいをご紹介

 

 

ヨガのようなピラティスのようなポーズもあり、

キツすぎるものも折混ざっているので、

そこは足助體操(あすけ体操)のポイントでもあるところ…

【自分で自分の身体を観察して、

 

負荷を調節する、

 

回数、やってみるか、やらないかは

 

自分の身体にきいてみる】

 

という基準をもって

自分にとって安全な体操を取り組んでいただきました。

 

スッキリした!

最後眠くなって寝ちゃいそうでした(p_-)

…などなどの感想をいただけて楽しんでいただけたようでした。

 

********************************

 

次回は3月9日(月) 10時〜12時

神奈川公会堂 和室にて開催します。

参加費は800円です。

 

☆次回は 残席 4名 あります。

 

ご参加をご希望の方はホームページよりお申し込みください。

 

https://satomimaki.net/reservation

 

ご要望いただければ、

開催機会を他にもつくりますので、

ご興味のある方はお問い合わせください(°´˘`°)/

 

********************************

 

 

◆朝日カルチャーセンター新宿教室◆

2月24日(月・祝)12:00〜13:30

「健康は足首から〜足から元気になる足助體操(あすけたいそう)」

 

こちらもよろしくお願いします(°´˘`°)/ 

 

今回から体操パートのメイン講師を務めさせていただきます(〃ω〃)

 

お申し込みページ

http://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/dd73b878-460e-c09a-bebb-5da455a0ffa1

朝活「足助體操」報告♪ 1/20

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 21:00

JUGEMテーマ:体の使い方

 

昨日の朝は月1開催レギュラークラスの朝活!

足助體操(あすけたいそう) 横浜教室を開催しました。

 

 

足助體操(あすけたいそう)は

たった一畳スペースで

身体に意識を向けて

たった少しの動きが

エネルギーを巡らせ

内臓の働きを活性化し

丹田を強くする

 

呼吸のリズムに合わせる

ゆっくりとした動きは

自律神経を整えていく…

 

そんな体操です。

 

******************************

 

★今回は、寒いと身体がかたまるのは

寒さだけのせいではない⁉…というお話を交えながら、

丹田を強くし、内臓の活性化、気の巡りをよくし、

呼吸を落ち着かせて自律神経を整える

足助體操(あすけたいそう)をこの季節に

オススメできる魅力についてシェアさせていただきました…(*´︶`*)*❄

 

前回に続き、冬こそ深部を動かして

エネルギーを作り出す身体を目指そう!をテーマに

 

‘開通快便運動’

‘寝て走る体操’

‘おしり叩き’

 

をテンポよくリズミカルに行い

細胞の活性化を目指しました。

 

 

足助體操(あすけたいそう)は

 

ギューっと縮める動き

             ×

ギューっと伸ばす動き

 

左  ×  右

 

上  ×  下

 

と全方位どちらにも刺激を入れる動きを繰り返し行います。

 

一つの体操に筋トレもストレッチも交互に行うことで、

柔軟で体幹がしっかりとした身体へと育てます。

 

寒くてあまり動きたくない…そんな冬こそ足助體操。

オススメですよ(´∀`)♪

 

 

********************************

 

次回は2月6日(木)に開催します。

参加費は800円です。

 

 

☆次回もリピーター様のご予約で満員御礼のため、予約受付は終了しました。

…本当にありがたいです🙏

 

ご要望いただければ、開催機会を他にもつくりますので、

ご興味のある方はお問い合わせください

(°´˘`°)/

 

第1回「足指コンディショニング」講座レポート

  • 2020.01.14 Tuesday
  • 19:00

JUGEMテーマ:体の使い方

 

先日、第1回「足指コンディショニング」講座を開催しました。

足の講座は3回目でしたが、ソロでの講座は初めてのこと。

 

 

今回、中島章夫先生が主宰されている「動作術」のTシャツを着て

「動作術研究員」として講座をさせていただきました。

 

今回開催するにあたり参加者さんが集まるかなどの不安もあったけど、チャレンジしてよかった…予約受付から1週間で定員になり、締め切った後も申し込みいただき、直前キャンセルの方がいらっしゃっても結果的に満員御礼。

 

ご近所の方も多くご参加いただきましたが、電車で1時間以上かけて来てくださった方が7名も(´;ω;`)本当にありがとうございました。

 

 

[今回のポイント]

 

なぜ「足が大事」なのかを伝える

 

重力がかかっていることへのイメージ

足の役割

 

改めて、ボディイメージ(脳で描いている自分の身体イメージ)の重要性

『習慣化』の大切さを伝える

 

足を意識するきっかけとしての

フットプリント

 

動作術のワークを紹介

 

探り足

 

踏み棒トレーニング

 (習慣化する環境設定にためのお土産をご用意→ トレーニング用の棒と復習用プリントをプレゼント🎁)

 

足指握りこみ

 

 

私が実際に愛用している足指トレーニンググッズたち♡ & 参考書籍(一部)を展示↓

 

 

足裏の感覚受容器(メカノレセプター)、保湿と感度のカンケイについて

 

保湿クリームで「骨みがき」体験 (足を愛でる習慣)

 

向かって右の足(左足)にクリームを塗ったところ。

クリームで愛でる時間は少しでも

足の色が全然違う!

みなさん驚いていました(*´艸`*)

 

かかと着地は✖

母指球への意識✖

 

股関節と小指の繋がり

 

腹圧の体感 〜つま先立ちワーク (ストレート カーフレイズ)

 

 

…などなど

 

座学による講義、動作術を中心とした足指のワーク経て

みるみる姿勢が美しく変化していました。

 

フットプリントは上がビフォアー/下がアフター

 

 

みなさん個人差はあれど

写っていなかった指が写ったり、

薄かった足底圧がくっきり濃くなったり、

重心が偏っていたことで濃く写っていたかかとが薄くなったり…

それぞれのプラスの変化がありました。

 

浮き指の方。3本×2=6本指が増えて写りました(*´︶`*) ↓

 

男性は骨格や筋力がしっかりしているので

指が写りやすいのですが…

同じく3本×2本=6本 指が増えて写りました↓

 

長年、外反母趾で すっかり普通に生活されていらした方…

指の感覚があまりなかったことを実感されていました。

ほとんど指0本からのスタートでした↓

 

太極拳や動作術を続けられているTさんのフットプリントは

ビフォアーの段階でさすがの美しさ。

今回唯一、しっかり指が5本×2=10本写っていらっしゃいました ↓

 

ウオノメが悩みということで参加してくださいました。

ウオノメがあるところ以外の圧の分散されている様子が素晴らしく日々身体と向き合っていらっしゃっている成果だと感じました。

この後また別の講座に行かれるというパワフルなスケジュールで

アフターのフットプリントを採らずに帰られましたが、言わずもがな、

アフターを採る必要なかったですね。

 

フットプリントは片足ずつ採るので、少しの間片足立ちになるのですが、

最初、足指がほとんど写らなかった方はグラグラ。

「片足立ち苦手なんです」とおっしゃってましたが

アフターの時にはひょいっと簡単そうに片足立ちが出来るようになっていて

ご本人も短時間の変化に驚いていました。

 

フットプリントは一瞬を切りとったものではありますが

私の経験で言えることは、施術をしてもビフォアー/アフターでそんなに大きく変化するものではありません。

 

ご本人の「ボディイメージを足の本来の使い方へ書き換えること」

 

動作術で行なっている

深部感覚をトレーニングするワークにより

たった90分で大きな変化があります。

 

ただし、感覚は意識しなければまた元に戻ります。

 

 

現状を把握し

目標のために今何をすべきかを見定め、

これを毎日やると設定し

習慣化する。

 

 

何もしない1年と意識して続けた1年の差は大きい。

これは私自身が経験したこと。

それをつづけた3年、5年…きっと一生モノの変化を手に入れられると思います。

 

ただただ、自分の身体の秘められたすごさに気づくきっかけを提供できたらと思っています。

 

元々、編集者やキュレーターを目指すような美大の芸術学科にいたんですが

情報を提供する機会(場)を作るのが好きなんだなぁ…という自分を今回発見しました(n´―`n)

 

次回は3月15日(日)に栄公会堂 和室にて開催します。→ ※コロナウィルスの影響により中止になりました。

 

1か月前頃に予約受付開始予定…

講座情報はこちらのLINEをフォローしてチェックしてください(°´˘`°)/ 

https://lin.ee/2s1yjws

 

 

 

動作術で変化したこと(参加者インタビュー)

  • 2019.12.27 Friday
  • 19:00

JUGEMテーマ:体の使い方


中島章夫先生による【戸塚  動作術の会】開催レポート✨

 

フットケア スクールで意気投合した親友と2人で世話人を務めさせていただいております戸塚動作術の会(*´-`) 

 

今回のテーマは

「まとめ『骨なりに立つ』

  接地から頭まで、動ける姿勢のための骨格ポジションを復習する」

 

 

去年の10月からスタートし、全8回で構成していただいたプログラムの最終回は総決算ヴァージョン。

 

足の接地を整える

 

足首〜膝〜股関節の使い方

 

股関節の動きを滑らかにするワーク

 

骨みがき🦴✨メソッド 〜足,股関節/上肢編〜

 

今回も初参加の方がいらっしゃいました。

 

初めての方にも分かりやすく、丁寧に

かなりたくさんのワークを

折り込んでいただき

身体が楽になることを今回も実感

(n´―`n)

 

毎回、自分のからだへ

新しい発見・気づきがあります✨

 

ランチには

ほぼ全員参加のランチ忘年会♪

 

中島先生の動作術で

自分の身体が!

生活が!

どう変化したかで盛り上がりました。

 

一緒に世話人をしているSさんのお父さまとお母さまは

中島先生の動作術に1年半前に出逢い、

初めて参加した時に効果を感じたので続けて参加されるようになったそうです。

今は2ヶ月に1回、戸塚の動作術に参加されています。

トータルで数えたら12回以上参加されていらっしゃいました。

 


−動作術をしてきて何か変わったことがありますか?ー

 

お父さま;もう全部!歩けなかった…少し歩くとすぐ疲れちゃって、ほとんど歩いてなかったけど、今は歩いても全然疲れない。

扁平足だったけど、土踏まずが出来るようになって、もう扁平足じゃなくなった。

仕事していても、午後には疲れていたけど、疲れなくなった!

肩こりも腰痛も頭痛もあったけど、今は何にも気にならなくなった。

姿勢もかなりひどかったけど、だいぶ良くなった。

 

お母さま;初めて参加した時、膝が痛くて手すりをつかまらないと階段の登り降りが出来なかったけど、参加した日の帰りは手すりつかまらないでも登り降りが出来るようになっていた。すごくビックリして、効果を実感した。それから楽しみで続けているの。

膝のサポーターをかかせなかったけど、もう必要なくなった。

四股(しこ)をしていたら身体がぶれにくくなって、毎週行っているボーリングのスコアが上がったのよ!

 

始める前と今では大違い。

動作術に出逢ってないで、歳を重ねていたらもっと動けなくなっていたと思うから、この差は大きい!!

 

前回から参加されている、よく転んでしまうというMさんは、先日転んでしまい、腕を打ち、肩の動きが制限ありリハビリトレーニングを毎週受けている最中なのですが、骨みがき🦴✨をしたら、ものの数分で肩の可動域が広がり、腕を自由に上げられるようになってビックリ!


「一年分のリハビリと同じくらいの効果が出ちゃった!こんな風に動かせなかったのに!なんで〜!」

 

 (⌒▽⌒) 一同笑

 

 

自分の身体が楽に動ける【動作術】

身につけたいものです。

 

次回の開催は、2月17日(月)

 

来年も戸塚の動作術は

中島先生に年間でテーマを設定していただくことで1回ごと単発の参加でも楽しめつつ、トータルで参加することで

からだの使い方の成長を実感できるプログラムをお届けしていただく予定です✨

 

若干名の空きがあるので、ご興味のある方はお問い合わせください♪

 

からだを調整する〜所有感覚

  • 2019.11.01 Friday
  • 19:00

JUGEMテーマ:体の使い方

 

中島章夫先生による【戸塚  動作術の会】開催レポート✨

 

フットケア スクールで意気投合した親友と2人で世話人を務めさせていただいております
戸塚動作術の会(*´-`)

 

偶数月の第3月曜日に中島先生にお越しいただいて開催しているこの会も今回で丸1年が経ちました♫
継続は力なり…スタートした頃の熱意はそのままに(n´—`n)

毎回参加した方から発見や感激の声が上がっています(*´︶`*)✨

 

第7回のテーマは

『からだを調整する〜所有感覚を取り戻す!快適な動作のための“骨みがき”メソッド』

 

満を持して…戸塚動作術では初の『“骨みがき”メソッド』

 

中島先生より「骨みがきは究極のセルフ癒しケアですよ」と話されていて、
期待も膨らみワクワク(n´—`n)♪

 

「骨みがきメソッド」とは
元々、構造動作トレーニングの中村考宏先生が

骨の位置関係をしっかり把握するための[深部感覚トレーニング]として紹介されている

「骨を触る方法」を土台として、

中島先生が「骨みがき」というチャーミングな呼び名を命名され✨

動作術では基礎的なメソッドとして紹介されているそうです。

 

ゆっくりと時間をかけてみんなで一緒に自分の手で各部位の骨を触ります。

 

 

自分の身体を愛でるように
やさしく…

 

服の上からでもOK

乾いてる部位はワセリンを少し付けて
ピカピカに磨き上げていくと…

 

磨きあげた前と後で
立ったり座ったり歩いたりして違いを味わい比べると
骨の存在がクリアになった感覚があります。


この時に自分で感じる些細な違いや感覚が
〜所有感覚を取り戻す〜ことに繋がっていくのでとても重要!

 

足元から始めて
足指〜くるぶし〜スネ〜膝〜股関節…
どんどん軽くスッキリした姿勢と動作に変化していくのが感じられ
「あぁ〜軽い!」と感動の声が出ました🦵✨

 

 

今回、初参加された方が
【よく転ぶ】そうで、
それは「深部感覚」と関係があるようです。

 

以下、中島先生のホームページより引用…

「動作術の骨みがきメソッド」は深部感覚に働きかけて、

脳の中の身体と本当の身体のを一致させる方法のひとつです。

 

「深部感覚」は神経学のことばで、
自分にどんな力がかかっていて、自分がどのような姿勢で、どのように動いているかを感じる力です。

 

「深部感覚」が鈍ると、脳の中の身体と本当の身体がズレてしまいます。


スポーツ・武術やダンスなどでお手本の動きが上手に真似できない(見取りができない)、

生活の中でよくつまずく、手足を家具などにぶつける、などは深部感覚の鈍りです。

 

引用、以上。

_φ(・_・ …ナルホド。

 

 

骨みがきをしていくと、磨きあげた各部位がどんどんと

この「深部感覚」がクリアになり、

動きが身体本来の機能的な動きへと洗練されていくのを感じることが出来ました。

 

先述の【よく転ぶ】方がワークの途中で
中島先生の指示どおりに
正座の姿勢から立ち上がってみたところ、
手をつかず
「よっこいしょ」と言うこともなく
楽々、軽〜く立ち上がることが出来た瞬間、とても感激されていました。

 

骨みがき × 身体の使い方のコツを知るだけで短時間に大きな変化が現れたのでした👏

 

全身はもちろん出来なかったですが
骨を触りにいくつもりで
骨のまわりをやさしく触っていけば
顔や手、肩まわり…色々なところにすぐ応用してカンタンに出来て
最高の癒しのマッサージになる…✨
ということが、よく実感できました(*´︶`*)

 

参加者さんからも大好評だったので
戸塚動作術の会でも
またお願いしたいと思ってます( ´ ▽ ` )